フーディアって?今話題のフーディアダイエットやフーディア効果!

2007年09月11日

ワシントン条約フーディア

ワシントン条約フーディア
フーディアは、ワシントン条約のリストに記載されている植物であり、野生のフーディアは輸出入が禁止されています。栽培されたフーディアだけの輸出入が認められているのです。

★ワシントン条約とは?
正式名称は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」という。英文表記の Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora の頭文字をとって、CITES(サイテス)とも呼ばれます。この条約は、絶滅のおそれがある野生生物の国際取引を制限し、それらの野生生物種を保護することを目的としています。


現在、需要の量に対して
供給が追いつかず、フーディアの偽物が多く出回っているようです。本物のフーディアを見分けるにはCITESの証明書が不可欠です。




posted by フーディア大好きっ子 at 14:59 | TrackBack(0) | ワシントン条約フーディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フーディアゴードニー

フーディアゴードニー
☆食欲を抑制する力はブドウ糖の10000倍!!
☆食事制限なしで1日1000Kcalをカット!! 
(1日1000Kcalということは1ヶ月で31000Kcalということになりますね!!)
フーディアを摂取してから20〜30分内に食欲が減るのを感じます。
そして,食欲が抑制された状態が数時間継続するのです!


フーディア(フーディア ゴードニー)とは
南アフリカ、カラハリ砂漠の奥地に自生する(見た目はサボテンのように全体にトゲがあり、きゅうりよりちょっと大きめの)ガガイモ科のサボテンに似た多肉植物です。


この植物は
カラハリ砂漠に生きる人類最古の狩猟民族・サン族(世界中で最も原始的な民族といわれています)が、狩猟に出かける時に
『少ない食料で何日も耐えられるように 満腹感をコントロールする為 伝統的に食べていた植物』と言われています。
今でもサン族の人たちは、昔ながらの狩猟生活を活発に行っています。


現代では英国等で
フーディア中の独自の成分【P57】の食欲抑制作用が研究され、ダイエット食材として注目されています!
そして、最近の研究では、その作用物質が多量のブドウ糖を摂取した時と類似の満足感を与えることが明らかになりました。


フーディアを食べると
満腹感をコントロールできるだけではなく、豊富な水分やミネラルが体に力を与えます。
フーディアは食糧不足を補うばかりでなく、消化不良や感染症の治療にも用いられています。







posted by フーディア大好きっ子 at 11:03 | TrackBack(0) | フーディアゴードニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。